CATEGORY:南部十四年式後期8㎜BLK

2010年07月21日

まじめに南部十四年式を撮ってみた



暑いですね~~~

暑い寒いでいったら、寒い方が断然良く、ピリリと寒い冬をこよなく愛する虚空さんですが、

暑いなら熱いで、何かと良いこともあるのが・・・、

悩ましいところです。(ー’`ー;)




というわけで、

少しでも、涼しく爽やかに、癒されるために!

しばらくは、和な夏の装いで~~















といえば、








 

ふと思いついて、













南部をこんな風に撮ってみた。







深夜に月明かりの庭を見ていてふと思いついた撮影方法なんですが

どうでしょう?



モノはPROTECさんのWeathering Finish Custom による。

我らがマルシンの南部十四年式後期型8㎜MAXI(BLK)です。

もはやプラとは思えない、この重厚感とリアリティが素晴らしい!




ほら、スライドの刻印がマルシンでしょ?

ガスガンですよ、ガスブローバックですよ、BB弾だって飛びますw


  

比較の為に、ノーマルABSの前期型ほぼ同じ条件で撮ってみました。

厳密にいうと、“同じ条件”で撮るのは不可能ではないけれど難しいです。

でも自然光とかじゃ無いんです。




このクッキリとした深い被写界深度(ようはピントの合ってる範囲)と、
この暗く重たい冷めた雰囲気を普通の撮影方法で出すのは、

『めんどい』
※個人的感想

~ですが、

今回の方法は

『あきれるほどかんたん』



・・・なんですが、



撮影方法とか・・・・公開した方が良いですか?

いやなんか、「既出」かな~とか、ココまで書いて思ったんでヾ(´▽`;)ゝ

雑誌とかテクニックハウツー本とかね、

読まないんですよ、ホント。

ヾ(´▽`;)ゝだからときどき浦島太郎なんすマジで。











 


60万HIT記念プレゼントへ実施中です。
いまのところ、KART M14 West Texas Armory社JAE-100が一番人気ですね、二番手はKSC M945C!
MGCエングレシールを希望してくれる猛者が現れてホッとしましたw

HIT企画は7/22 23時59分までなので、まったりと御参加ください~

Posted by KKDD  at 15:22 │Comments(4)南部十四年式後期8㎜BLK

COMMENT
う~、虚空さんの撮られるテッポの写真って何でいつもツボを突いてくるんだろ…(笑)。きれいい。
どうやって撮ってるのかなー、と思ったら公開して頂けるんですか?是非知りたいです。マネする勇気もないのですが。

メールでお訊きしたのですがもしかして迷惑メールに振り分けられてしまったかもなのでこちらから失礼させて頂きます、例のCDの送り先は以前(去年の9月頃でしたっけ…)送らせて頂いた住所でよろしかったでしょうか???
送ったものが自分の家に帰ってくるほど哀しい事もないので…(笑)。
Posted by およよ at 2010年07月22日 00:50
こんにちは!ホントに最近ちゃんと更新してますね・・・w

撮影法知りたいです~♪
うちの弟がデジイチが趣味で、テッポーの写真撮らせたいんですが、どうもフィギュアやプラモのようにはうまくいかないようなんです。

奴が言うには、床に平たく置くものは背景とのボケ味や配光がうまくいかないとか云々。私はよくわからんのですがw
Posted by ですだよですだよ at 2010年07月24日 15:12
およよさん、遅くなりました~

公開しますよ~隠すほど高級な方法でもないんでヾ(´▽`;)ゝ

件のブツ受け取りました( ̄Λ ̄)ゞ早速聞きます!
Posted by 虚空弾道虚空弾道 at 2010年07月31日 15:46
ですだよさん。遅くなりまして~~ヾ(´▽`;)ゝ

ホントにちゃんと更新してますよ!はやぶさの誓いにかけて!
(そのぶん、内容が薄いという話もありますが)

>どうもフィギュアやプラモのようにはうまくいかないようなんです。
模型とは、リアル感の出し方が違うというか、被写界深度を使い分けるとけっこう良いですよ。
(なんとなく、経験値的にわかると思いますがヾ(´▽`;)ゝ)

>床に平たく置くものは背景とのボケ味や配光がうまくいかないとか云々。
被写体を浮かせて(ゲタかまして)背景と距離を置いたらどうすかね?
アオリ撮影とかするなら、テーブルとか箱の上で撮るのも手ですぜ。
Posted by 虚空弾道虚空弾道 at 2010年07月31日 15:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。