CATEGORY:G&P WOC FightingCat

2010年07月02日

G&P WOC Fighting Cat 【AFG】

 

こんばんは。
昨日も今日も夕方から雷を伴った豪雨が降ってまして、過去に一台のPCと1~2枚のLANカードを破壊された者としては、遮断機付でもゴロゴロ鳴ってる間はケーブルを引っこ抜いてぷるぷる ((((;゚Д゚)))。

ヾ(´▽`;)昨日は裏山に雷落ちたし(こえ~)

夕立の合間を縫って記事書いてます。(仕事は?)






★G&P WOC Fighting Cat! まだまだ続きますヾ(´▽`;)


(「ほらっ!シロートはあっち行ってな、アブねーから。」とかそういう感じ、汗)







★G&P WOC Fighting Cat のフロント分解








G&Pでは「ファイティング・キャット・フロント・セット」という呼称のEODタイプのフリーフロート・ショートフロント。
WA/M4用はWP77、マルイ用はGP854、共に実売1万円~くらい

分解してみると、改めてその短さに驚きます。
リアルさを求めて、アウターバレル終端でインナーバレルをカットすれば<3.5インチ>くらいでしょうか?
ハンドガンかサブマシンガンクラスですね、5.56mm NATO弾仕様のサブマシンガンなんて、とても悪そうなイメージw

サプレッサー部分は消音材が入ってないので空洞、分解は出来るので消音機能(正確には減音)を持たせることもできるけど、インナーバレルはハンドガン並に短くなるので両刃の剣。





★とりあえず AFG(Angled Fore Grip)

画像にあるように、前から気になってたMAGPUL PTS AFG(っぽいモノ)をつけてみた。

  

感心するほどさっぱりとした箱に入ってくる。メーカーは忘れたけど確かレプリカ。
本家AFGのように分解してフィンガーレスト部分を交換したりは出来ない。
出来ないけど一体成型のぶん、安価で丈夫かもしれない。
側面に製品名の刻印の意匠があったりして、ちょっとオシャレかも。(本家は内側の見えない部分にある)



ちなみに、計ったようにギリギリ装着可能。ヾ(´▽`;)

噛合いの合体部分は2/3ぐらいだけど、ガタつきも無く、取り付け剛性は良好。

約1/3ほど前方にはみ出て、サプレッサーをカバーしているところが個人的にお気に入り。





なんだか、こうして装着しみると<はじめからこうだった>ような一体感♪

購入前に、ネット上の画像から寸法とレイル溝の使用数を割り出したりしたことがちょっと報われた瞬間。
(「お店の人に聞けばいいじゃん」ということには、買ってから気づいたヽ(´~`;) )







 ★おまけ画像(大)

粒子感はもっと粗くしても良かったと反省中。

なにげに“FF”だったりするのはわざとじゃないです。

“美人っぽくない”のはわざとです。

反政府系の少年兵(悪ガキ)のイメージなんで ヾ(´▽`;)

 






同じカテゴリー(G&P WOC FightingCat)の記事画像
G&P WOC Fighting Cat【下品注意】
G&P WOC Fighting Cat 【MIAD】
G&P WOC Fighting Cat 【負圧】
同じカテゴリー(G&P WOC FightingCat)の記事
 G&P WOC Fighting Cat【下品注意】 (2010-07-09 20:41)
 G&P WOC Fighting Cat 【MIAD】 (2010-06-30 11:24)
 G&P WOC Fighting Cat 【負圧】 (2010-06-27 23:23)

Posted by KKDD  at 19:58 │Comments(3)G&P WOC FightingCat

COMMENT
きれいな背景画像ですね。

かっこいい~!!
Posted by インプラントくん at 2010年07月23日 17:06
かわいい
Posted by ぐら at 2011年10月15日 22:20
ぐらさん、褒めると本人の自尊心がエラいことになりますw
Posted by 虚空弾道虚空弾道 at 2011年10月28日 00:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。